タイトル:ボルボと始めるe運転

バックナンバー
Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7
Vol.8

タイトル:わずかな時間も、STOP!エンジン

ドアを開けてから車を発進させるまでの間、どのような順序で行動しますか?ここで重要なのは「エンジンはシートベルトをしてからかける」こと、降りる際も「エンジンを止めてからシートベルトを外す」ことが重要です。「走ってもいないのにエンジンがかかっている」状態は、燃料を消費し燃料代がかかってしまう上に、排気ガスと騒音を出すことで環境汚染の原因となり、エコを損なうことになります。車の乗降時や待ち合わせ、荷物の積み降ろし時など、わずかな時間でもアイドリング・ストップを実行することが大切です。例えば、ガソリン170円/Lで2000CCの乗用車の場合、1日2分間アイドリングストップをするだけで、年間約1700円のガソリン代の節約につながることをご存じですか?ちょっとした心がけを積み重ねることが、経済・環境の面において大きな効果を生むことを忘れずに、正しいドライビングに務めましょう。

写真:シートベルトを初めて採用したボルボだからこそシートベルトで“e”運転