タイトル:ボルボと始めるe運転

バックナンバー
Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7
Vol.8

タイトル:わずかな時間も、STOP!エンジン

タイヤの空気圧を点検していますか?タイヤの空気圧は車に乗っていても乗らなくても時間とともに下がるものです。もし、タイヤの空気圧が0.5kg/cm²減ったタイヤで50km走行すると、150ccの燃料を余分に使うことに。また、燃料の無駄につながるだけでなく、タイヤの減りを早めタイヤ寿命にも影響します。あるアンケートによると、タイヤの空気圧が低いと燃費が悪くなることを知っている人は83%いるにもかかわらず、日頃タイヤの空気圧チェックを行っている人はわずか38%という結果になっていますが、環境(ともちろん安全)のことを考えるなら、月に1回の空気圧点検を行うことを心がけましょう。ここで注意していただきたいのが、ボルボのタイヤ空気圧がkPa(キロパスカル)で表示されているということ。例えば、タイヤ空気圧230kPaならば約2.34kg/cm²となるので、ガソリンスタンドなどでのチェック時の参考にしてください。(※より正確な空気圧をご希望される方は、ぜひボルボ正規ディーラーへ。)適正の空気圧を保つことは、燃費改善につながるとともにタイヤの寿命も長くなるので、環境にもお財布にも優しいとっても身近なecoなのです。

写真:シートベルトを初めて採用したボルボだからこそシートベルトで“e”運転