タイトル:ボルボと始めるe運転

バックナンバー
Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
Vol.7
Vol.8

タイトル:不要な荷物を積まない習慣を!

雪国で毎年悩まされるのが、ツルツルの冬道路面での発進。そこで活躍するのが、チームマイナス6パーセントで推進しているエコドライブ10のススメの「ふんわりアクセルeスタート」!車は発進時に多くの燃料を消費します。AT車ではアクセルの踏み込みが少ないほど、ハイギアに切り替わってエンジン回転数が低くなり燃料消費量が約10パーセント程度改善されるそうです〔(財)省エネルギーセンター調べ〕。この「ふんわりアクセルeスタート」は雪国のツルツル路面でも大活躍。ツルツル路面での発進時、ローギアではスリップしてしまう可能性が高いので、ギアは2速でゆっくり発進、AT車の場合はクリープ現象(アクセルを踏まなくても車が動く現象)を利用しての発進がオススメといわれています。とは言っても、ほとんどのボルボ車はAT車ですから、クリープ現象と「ふんわりアクセルeスタート」を上手に利用し、安全で環境にやさしい運転を心がけましょう。

カーナビや道路情報を活用しよう!